株式会社コスモテック 採用情報

採用情報

先輩社員紹介

池田 勝紀

2019年入社
南日本事業部 射場工事課
工事係

Q1.仕事の内容を教えてください。

 主に種子島宇宙センター関連施設内の様々な工事業務や保全業務を行っています。現在は2020年度に打上げ予定のH3ロケットの新型発射台を始めとする施設・設備の建設・改修業務や、ロケット打上げ時に使用する追尾用パラボラアンテナ、気象設備のメンテナンス等の保全作業、ロケット系の派遣業務、工事に必要な物品の見積り等を行っています。

Q2.入社の動機・決め手を教えてください。

 学生時代に参加していた種子島ロケットコンテストという自作のロケットや探査機を使用した大会に出場したことが大きなきっかけでした。協賛企業として社名が入っており「どんな業務を行っている会社だろうか」と興味を持ちました。そして翌年にまた参加した際に、懇談会にて現在の事業部長や技師長、先輩社員の方々と交流し、どんな業務を行っているか、どんな職場なのか等を知ることが出来ました。そこで「宇宙産業を基盤から支える現場」という印象に惹かれたこと、現事業部長より「ロケットに携わる仕事をしてみたいなら是非うちに来て仕事をしてみないか」と声をかけて頂いたのがここで働いてみたいと思う大きな決め手でした。また、大学院進学と就職を迷っていましたが、H3ロケットの開発初期に関わる仕事は今しかできないという魅力に惹かれたのも大きな理由でした。

Q3.職場はどんな職場ですか。

 射場工事課は様々な宇宙開発を支える施設の改修や建設を行う工事現場を通じて、培った豊富な知識や技能、技術を持ったプロフェッショナルな方々が集まる部署です。言わば「コスモテックの特殊部隊」のような職場です。

Q4.仕事の面白さ、苦労したこと、やりがいなどを教えて下さい。

 宇宙センターという他では中々従事できない施設で働くことが出来ること、ロケットの近くで働くことが面白いと感じています。現場での業務では工具や作業のやり方で覚えることが多く大変苦労しましたが、一つ一つ覚えひとりの係員として1日でも早く業務に貢献できるように勤しんでいます。また、「こいつにならこの仕事を任せられる」と思われるような人材になるために日々努力しています。ロケット組立、打上げ、打上げ後処置作業に関わり働くことができ、宇宙に関わる設備の保全作業を通じて自分が宇宙開発の最前線に携われていると実感できるのがやりがいに通じています。

Q5.オフは何をして過ごしていますか。

 休日は三次元CADを使用してモデリングしたものを、3Dプリンターで製作する創作活動や、サークルで小型ロケットやロケットエンジンの設計、製作をして飛ばす等クリエイティブ&アクティブな活動をしています。他には部屋で読書をしたり、種子島の夜空の天体観測をして写真を撮影したり、様々な場所をドライブして休日を過ごしています。

Q6.学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします。

 入社してから学生のうちにしかできないことはたくさんあると感じました。私は外部機関における宇宙工学の講義の受講、学生プロジェクトでのロケット開発や研究に没頭し、宇宙イベント実行委員や研究等で大学の研究室等で日々を過ごす生活を送っていました。これにより住んでいた地域や近くにある様々な観光地への観光やインターンシップに参加して様々な職場の見学等にあまり行けずに学生時代を終えてしまいました。学生のうちにしか見ることが出来ないことも多くあると思います。是非会社訪問をしたり勉強をしたり旅行する等いろんな事に視野を持って様々な経験や知見を広げてみて下さい。そして学生の時にこれをやればと良かった等思わないような学生の生活を送ってください。是非「宇宙開発の最前線」や「宇宙を支える現場」に携わりたい、魅力に感じたと思った方は是非弊社に来て一緒に仕事をして頂ければと思います。

 

ページの先頭へ

パンフレットPDFダウンロード
宇宙こぼれ話

事業部

東日本事業部

東日本事業部高圧ガス関連の取扱い及び各種設備の法定点検業務、電気・空調設備等の運用と機能維持管理などの技術サービスを提供しております。

南日本事業部

南日本事業部種子島宇宙センターロケット打上関連設備のライフライン運用・機能維持・管理サービスを中心に広範囲なサービスを担っております。

交通・アクセス